【タイには熱中症なし?】食べ物か体質なのかそのあたりを考察する




今現在5月にもかかわらず東南アジアであるタイはものすごく暑いです。
現在2時35分なのですが本当にも表に出たら立っているのも鬱陶しいぐらい。
おそらくですけども38度位あるんじゃないでしょうか

タイ料理には「冷やし●●」はない

面白い事にタイには冷たい食べ物はないんですよね。
なぜ冷たいものは無いのか。僕も日本からこちらへ来たときはものすごくびっくりしました。

普通日本では夏は冷たいもの結構食べますよね。

しかしこちらの人は夏でも料理は暑いものばかり。(それもびっくりするぐらい辛いです)

何でなのかなと色々と考えてみましたが、やはりこちらは1年中暑いところが大きいと思います。
暑いからといって毎日冷たいものばかり食べていたら飽きてしまいますし、健康にもよくないです。
だからしっかりと暑くてもスタミナのつくものを食べておられます。

というのは建前でついこの間まで氷などの冷蔵・冷凍装置がなかったということも大きいと思います。

この辺が、体の料理に冷たいものがない理由だと思います。
食べ物はあっさりとした食べ物はなくこってりと脂の乗ったようなものばかりです。

しかも、日本より暑いくせに、こちらには熱中症という言葉はありません。
やはり

・幼い頃から暑い気候に慣れている
・塩分を摂取してもあまり血圧とかに影響しない
・夏には食欲が落ちるという経験がない
・人種的に汗をかきにくい
・辛くないものは食べても物足りない

など

食事・気候がやはり影響していると思います。

日本もこれから暑い夏を迎えると思います。
ぜひ、そうめんのような冷たいものばかり食べずに、熱いモノ、塩辛いもの、激辛料理。これらをしっかりと食べて日本の暑い夏を熱中症にならないように乗り切ってください。

日本の室内と外気との温度差は驚異でしかありません。
熱中症は気づいたときにはかなり手遅れなことが多いと聞きました。

これから、日本は毎年熱中症の話題になると思います。
減塩など頑張って健康になってもそのせいで健康を損なったり死んでしまったら意味がないです。

音声入力@Twitter

スマホの音声入力で日々の気づきをつぶやきまくり。 例え話を考えるのが好きなので定期的につぶやいていきます




ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!