【文章の生産性が激的に上がる】iPhone(スマホ)の音声入力だけでこのブログを書いてます。

menu

iPhoneの音声入力だけで記事を書くブログ

【クラウドソーシングでのライター作業】音声入力で作業効率を上げる

文字入力単価はどんどん下がっている

最近ネット上のライター募集掲示板などでを見ていても
ライターさんの単価はどんどん安くなっています。

これは、文章を書いて欲しい人と文章を書いてお金をもらいたい人

双方がマッチングできるクラウドソーシングの台頭によるところが大きいです。
引く手あまたのライターさんは別として

これからwebライターを始めてみようと思う人にとってはまさに冬の時代。

仕事が無いのは当たり前。
需要よりも供給数のほうが遥かに上回っています。
そして、運良く仕事があっても単価はとても安い。

フリーのwebライターは打ち合わせも必要なく
家だけでその仕事を完結することができます。
しかし、現実は1日働いても1,000円にもならないことが多いようです。

最安値は0.2円/文字

私も利用させていただいているランサーズやクラウドワークス、そしてシュフティという
ネット上のお仕事マッチングサイト。(クラウドソーシング)

では、 1文字あたりの最低単価は0.2円です。

この単価でも、 「仕事引き受けます」というライターさんがとても多いわけです。 (もちろんですが1文字1円以上を受けとっているライターさんも多数いらっしゃいます)

時給1,000円稼ごうと思うと
1時間で5,000文字を入力する必要があります。

1日に5,000円稼ごうと思うと
2万5,000文字を入力する必要があるということです。

しかもこのレベルの事を
「毎日続ける必要があります」

これ、できますか?

1日に5,000円稼げたとすると単純計算で1ヶ月で15万円程度の報酬になります。
副業にしてはかなりいい報酬だと思いますが
毎日2万5,000文字を30日間継続できる人はほとんどいないでしょう。

ここまでやって、 15万円です。

じゃあ、この状況を打開するにはどうしたらいいのか?
パソコンでもスマホでも構いませんが、
私は絶対に音声入力を使うべきだと思っています。

実際、依頼しているライターさんにも
「出来る限り音声で書いてください」
と言う風に伝えています。

最初はうまくいかないかもしれませんが、ひとつの作業を終えた時の疲労度が全く他の入力手段と比べて違います。

音声入力で長時間の文字入力作業を効率化

・音声入力を使えば1時間で1000円も夢ではありません。

正直、このような記事作成の作業を音声入力で行っていない方はかなり損していると思います。
ブロガーとは違いwebライターさんは完璧な労働収入です。
スピードという観点から見ても、疲労蓄積という観点から見てもです。

是非、文書作成を仕事にしておられる方、これからその世界に入ろうと思っておられる方

音声入力を専門にしてみてください。

クラウドソーシングの最低ラインの文字単価

これを時給で1,000円まで持っていこうと思うと
1時間で5,000文字入力する必要があります。

他の入力方法だとなかなか難しいと思いますが、
音声入力であれば容易に達成できる数値であるといえます。

また、音声入力ができるようになると
テープ起こしやテレビ番組のまとめなど
ただ単に、文章を作成よりも高単価な仕事も個人レベルで簡単に行うことができるようになります。

このように音声で話す技術は
1記事あたり 1文字あたりの単価が下がっている今だからこそ習得しておきたい技術になります。

・実際にどれくらい打てるのか?

  • 実際にある文章を入力した場合。
  • 実際にある文章をリライトした場合
  • 頭で考えながら書いた場合

で検証していきたいと思います。

今回参考にする文章はこれ「257文字」

家庭教師のアルバイト
大学生のアルバイトと言えば、何と言ってもすぐに思いつくのが家庭教師のアルバイトではないでしょうか。
現在のように進学塾が寡頭競争ではなかった時代には、小中学生はともかく、高校生の大学受験に向けては、大手の進学塾に通うか、家庭教師につくか、のどちらかでした。
しかし、現在のように、ほとんどの子供が受験をするか否かにかかわらず、塾通いをするようになると、家庭教師というアルバイトのニーズも増えてきます。
家庭教師は自分の空いている時間にできるアルバイトの1つですが、生徒を探す方法にはいくつかあります。

実際にある文章をそのまま入力した場合。

それでは実際にやってみたいと思います。まずは原文をそのまま書き写すという作業

家庭教師のアルバイト
大学生のアルバイトといえばなんといってもすぐに思いつくのが家庭教師のアルバイトでは無いでしょうか
現在のように進学塾が過当競争ではなかった時代には小中学生はともかく高校生の大学受験に向けては大手の進学塾に通うか家庭教師につくかのどちらかでした
しかし現在のようにほとんどの子どもが受験をするか否かにかかわらず塾通いをするようになると家庭教師というアルバイトのニーズも増えています
家庭教師は自分の空いている時間にできるアルバイトの1つですが、プレートを探す方法にはいくつかあります。

結果は57秒で入力できました。
257文字を入力するのに57秒
なかなか優秀な成績ではないでしょうか。
次は少し文体を変える。要するにリライトしながら打った場合です。

実際にある文章をリライトした場合

家庭教師のアルバイトで思うこと
大学生のみなさん。
学生のアルバイトといえば何を想像しますか?すぐに思いついてかつ高単価なのは家庭教師のバイトではないですか?
今のように予備校などがなかった時代。
また進学塾がそれほど乱立していなかった時代。
中学生はさすがにそこまで多くはありませんが、高校生の大学受験は家庭教師をお願いする家庭はこの時代から結構ありました。
しかし今はほとんどの子どもが受験をする時代です。
しかも実験をしなくても塾に通っている子供がほとんど。こうなると家庭教師のニーズもどんどん増えていっています。
じゃぁ、生徒はどこで見つければいいの?家庭教師は単価も高く自分のあいた直にできるアルバイトの1つですが生徒を探す方法はいくつもあります。

正直リライトのレベルは低いです。
なぜなら、私はこのような作業に全く慣れていないためです。
結果は、 2分28秒で321文字入力することができました。
もともとある文章を見ながら少し考えて入力したのでさすがにスピードは落ちます。
しかし、1分でおよそ100文字程度をキープできていると思います。

頭で考えながら書いた場合

今度は、家庭教師のアルバイトをテーマに
頭の中で考えながら書いてみました。私は家庭教師のアルバイトやったことがなく、また興味のあるジャンルでもないのでかなり訳の分からない文章になりましたが参考までにどうぞ。

テーマ、家庭教師のアルバイト
新聞やテレビでは見ましたが家庭教師のアルバイトはかなり重要があるようです。
しかも、他のアルバイトに比べてかなり報酬が高いというのも魅力の1つです。
また、ご家庭の親御さんに気に入っていただけると晩御飯をご馳走してもらえたりと食事が浮いたりするメリットもあります。
私は、正直家庭教師のアルバイトはやったことがありません。しかし、人に教えるというのはすごく魅力的な仕事だと思います。
今現在はネットの時代です、
あるのかないのかはわかりませんが、ラインのテレビ通話やSkypeのビデオ通話などで
直接家庭に行かずにその子の家庭教師をする
今の技術であればこのようなことが可能になると思います。
そうすることにより、家庭まで行く時間などの格好時給が発生しない時間)
を短縮できるので、本当に時給分だけ働けるなどのメリットも増えると思います。

結果は374文字。
かかった時間は2分53秒でした。
頭の中で考えても、 1秒につき1.5文字程度打てている計算になります。

結果

原文そのまま入力した場合:257文字を入力するのに57秒
リライトしながら入力した場合:321文字を入力するのに2分28秒
頭の中で考えたオリジナルの文章:374文字を入力するのに2分53秒

今回は、記事の中での実験なので長文を入力してはいませんが
特に、 iPhoneだけで文章を打っている人であれば音声入力はとても魅力的ではないかと思います。
よほど慣れている人でなければフリック入力でここまでの数字を出すことはできないと思います。

疲れずにスピードが持続する

また、文章をそのまま打つ時はもちろんのこと
考えながらこれ以上の長文を書くときにもスピードがなかなか衰えないというのも付け加えておきます。
このように、音声で入力すると言うのは今の時代、絶対に身につけておかなければならない技術の1つです。

しかし、音声入力はやり始めてみるとなかなかうまく打つことができません。
なぜなら、話しているうちに頭の中がぐちゃぐちゃになっていくからです。
これを、うまく文章に起こすには
「慣れ」と「トレーニング」にしかありません。

ぜひ、今から音声での入力を習慣にして
自分の思ったこと考えたことをそのまま上手に文章に変換できるようにトレーニングをしましょう。

これができるようになると、何をするにおいても仕事が早く出来るようになります。

記事作成はもちろん
仕事のメールを売ったり
今日読んだ本の感想書いたり
自分が考えた料理のレシピを書き起こしたり

あなたのキーボード入力速度が標準であるならば
すべてにおいて、その数倍はやく仕事を行うことができます。

まずは500文字×10回の記事を音声でまとめるトレーニングを

まずは、 500文字の文章を6分でまとめ上げる(構成を考えるのを含む)
この練習をしてみてください。
500文字と言うとキーボード入力やフリック入力ならば
多いと感じる文字数であるかもしれません。
しかし、音声入力なら、最初に構成さえ頭に入れてしまえば5分程度で簡単に打ててしまう文字数です。

これができるようになれば
文章を書くという仕事をにおいて
1ヶ月3万円のカベを突破することができます。

ぜひ、

  • 音声入力で文字を打つのを専門にする
  • 最初に構成を考えて500文字の文章を作る作業を大量に繰り返す
  • パソコンでもスマートフォンでも出来るだけ声で入力する癖をつける

これらを自分の技術として身につけてみてください。
自分の思ったことが文章になって次々と出てきたとき、
ものすごく頭がすっきりする感動を覚えると思います。

この記事の文字数:3900文字程度
音声入力にかかった時間40分程度。
合計入力文字数:111,300文字程度
記事数:72記事



音声入力でストレスなく簡単にブログが更新できる

で結局、音声入力のソフトはどれが一番オススメなのか?
↑音声入力ソフトの比較・無料のものも同時に比べています。

iPhoneの音声入力アプリの比較はこちらから

現在私はほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、日々の作業に音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!

妊娠中・育児中のネット副業戦略

メインブログです。アフィリエイトやアドセンスの情報を音声入力を使うテクニックも含め、全く違う切り口で書いています。

メルマガ登録者限定で
【Yahoo!知恵】【Okwave】から自動でリサーチするマクロをプレゼント
メルマガに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Windows 2大音声認識ソフト

ドラゴンスピーチ11J lite

※ダウンロード版は郵送版に比べて5000円近くお得です!

・膨大な言語登録数
・認識トレーニング不要
・ほとんどのソフトに直接入力が可能

関連記事

AmiVoice SP2

・動作が軽く「Windowsタブレット」や「ミニノート」でもサクサク
・ほぼ、リアルタイム変換
・学習機能

メインブログ

妊娠中・育児中のネット副業戦略

主にアフィリエイトに関する濃い情報をお届け!

RMAレビュー
スマホの音声入力と非常に相性がいいアフィリ手法はこちら
※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで楽勝!