【文章の生産性が激的に上がる】iPhone(スマホ)の音声入力だけでこのブログを書いてます。

menu

iPhoneの音声入力だけで記事を書くブログ

【外注するのが難しい】スキル不足で質が低く、途中でやめられて続かない

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】
外注ノウハウが伸び悩み辿り着きました!
外注化のスキル不足や、途中でやめられてしまうパターンが多く難しいと感じています。
どのような手順で外注さんを集めていますか??

【回答】

外注化について

これについては私も現在も試行錯誤している最中です。

基本的にはクラウドソーシングで探します。

・現在進行中(構築中)のサイト
・300記事入れ終えて月月数回の更新だけで大丈夫なサイト
・タスクで募集した記事だけで構築しているサイト

などなどいろいろなものがあります。
プロジェクトで描いてもらった記事は修正が必要でないものもありますが、やはりタスクで募集したものはどうしても修正が必要になります。こればかりは、仕方ないことだと思って割り切っています。

基本的には、
「書きやすいようにテンプレートを提供する」
「最初に必ずテスト記事を納品してもらう(プロジェクトの場合のみ)」
「タスクの場合は、とにかく質問項目を増やす」

などで、出来る限り自分のイメージに近づくようにしてもらうことが重要だと思います。

タスク記事だけでサイトが作れればどれほど楽なことでしょう

今はまだ実験中なので記事には書けないのですが、
タスク作業での依頼のみで2万5,000円以下で300記事を外注する方法を試しています。
ここ数ヶ月試してみて10サイトほど作って検証してみる予定です。
うまくいくかどうかは分かりません。

うまくいけば、サイトの中で書いてみたいと思います。
トレンド記事は、とにかく作業効率化が全てだと思います。
そのためには、外注化するのは必須の作業ですね。いろいろと試行錯誤して、お互い頑張りましょう。

補足

いくつか前の質問と回答コーナーでも書きましたが
外注さんのスキル不足問題。
これは、ある程度その人のセンスによるもので経験から来るものではないです。
最初から面白い記事を書ける人は書けます。

【外注ライターに依頼】書いてもらうキーワードや内容は準備?もしくはおまかせ?

【記事を外注】ライターさんに少しでも質の良い記事を書いてもらう工夫は?

逆に、私の印象ではランサーズなどで

長いことウェブライターとして働いてきた人は

キーワードでの量産を意識しすぎて面白い記事が書けなくなっています。

この辺を間違えたらダメです。

経験年数が長い=ライティングのプロとは限らない

外注さん募集しても、
「3年以上ウェブライターとして活動しています」

このようなメッセージを信用すべきではありません。
ウェブライターとして活動している人は
本当にうまいライターなら
自分で記事を書いて稼ぐことができるからです。

それができていないということは、なんというか想像がつくと思います。

なので、私が最初にライターを選ぶ基準としては
ウェブライターをとして活動してない人をまず選びます。

その上で、寄せられた提案メッセージを見ると大体判断できます。
この辺を 経験年数や実績だけで選んでしまうと大抵失敗します。

そして、そのような実績のあるライターさんはプライドがあります。
こちらの言うことを聞いてくれないことの方が多いです。

じゃあ今まさに

  • ライティングを勉強したい人
  • 記事を書いてみたい人

このような要するに未経験者から選択したほうが良いと思いませんか。

指示書・文章のテンプレートを渡しておく

ここで、活躍するのは文章のテンプレートです。
あなたは自分ではどのような形で文章を書いておられるでしょうか。

もし、ご自身の文章のテンプレートがあれば

それを、そっくりそのままライターさんに提供すればいいのです。
経験が無いうちは感謝されます。
そしてあなたのブログにあった記事を書いてもらえます。

プロジェクトの場合はこんな感じ。

そして次にタスク作業ですが・・・

これは、

  • 1つの記事を構成するため何人かに書いてもらう

  • 1つの記事を1人に書いてもらう時はとにかく質問項目を増やす

この2つしか具体的な方法はありません。

どちらにしても
タスク作業を依頼する時にもっとも重要なのは依頼の出し方になります。

プロジェクトの場合は修正などのコミュニケーションが取れます。
しかし、タスク依頼の場合はライター一人ひとりとメッセージをやり取りできる機会はありません。

丸投げ的な依頼では
なかなかこちらの意図している質の文章は帰ってきません。

なのでこちらもそれなりに
相手に意図を伝えるために依頼をするべき。

こうすることによって、
たとえタスク作業でも記事の質はグッと上がります。
(とはいっても、片手間でやってる人が多いのでせいぜい30点レベルですが…)

タスクの場合はとにかくすごい量を安価で集めることができます。
それをそのまま記事にしようとすると失敗します。

タスクの文章は記事の断片である。

と考えて、どうやったらその記事の断片をあなたのサイトに活かせるか?を考えてみてください。



音声入力でストレスなく簡単にブログが更新できる

で結局、音声入力のソフトはどれが一番オススメなのか?
↑音声入力ソフトの比較・無料のものも同時に比べています。

iPhoneの音声入力アプリの比較はこちらから

現在私はほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、日々の作業に音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!

妊娠中・育児中のネット副業戦略

メインブログです。アフィリエイトやアドセンスの情報を音声入力を使うテクニックも含め、全く違う切り口で書いています。

メルマガ登録者限定で
【Yahoo!知恵】【Okwave】から自動でリサーチするマクロをプレゼント
メルマガに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Windows 2大音声認識ソフト

ドラゴンスピーチ11J lite

※ダウンロード版は郵送版に比べて5000円近くお得です!

・膨大な言語登録数
・認識トレーニング不要
・ほとんどのソフトに直接入力が可能

関連記事

AmiVoice SP2

・動作が軽く「Windowsタブレット」や「ミニノート」でもサクサク
・ほぼ、リアルタイム変換
・学習機能

メインブログ

妊娠中・育児中のネット副業戦略

主にアフィリエイトに関する濃い情報をお届け!

RMAレビュー
スマホの音声入力と非常に相性がいいアフィリ手法はこちら
※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで楽勝!