【音声入力トレーニング】短時間で大量の文字を入力する方法を教えて下さい

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】
音声入力に魅力を感じています。
話して短時間で大量の文字を入力する方法を教えて下さい。

【回答】

私の感覚では、ブログに1万文字書くと( 3記事程度?)
年収が1万円増えるみたいな感覚です。

やっぱり音声入力中は
あまり他の事は気にせず目を閉じてでも書きなぐりでざっと書いて

1日の音声入力作業が終わってから修正をかけていくみたいなやり方がいいと思いますね。

私もそれは実感してます。

音声入力って、集中力を切らすと
また乗っている状態に戻すのが大変なため

そろばんみたいに

掛け算 割り算 見取り算30分やってから
答え合わせみたいなやり方の方が絶対良いですね。

内容重視しないのであれば
私は1番文字数をかける方法はやはりそろばんのように時間を区切ることです。

以前0秒思考というトレーニングをやっていて
それと音声入力がめちゃくちゃ相性良かったのを覚えてます。

例えば

テーマ: 1日1食にするにはどうしたらよいか?





答えを5つ程。1分で紙に書き出し

その中の1つずつを今度は制限時間1分間で音声入力するもの。

とにかく5回くり返すとは言え、
1つの項目を1分間で話さなければいけないため大変です。
ちょっとでも言葉に詰まると、
1分なんてあっという間です。

なので、とにかく声に出して1分間話し続けなければいけません。

この方法だと、
話してる内容が重複してしまう時がありますが
1分×5回でだいたい1,500文字程度かけます。

感覚的にはそろばんのトレーニングに似ているかと…
いちど試してみてください。

【追記】 とにかく短時間で大量の文章作るには?

常に疑問「なぜ」「だから」を意識して書いていく

文章をスムーズに書くには、

書く内容よりも、

「その次の内容に対する質問文」
があったほうが早く書けるように思います。

そこで、意識していただきたいのは、
「なぜ」「だから」の2つです。

この2つあればとりあえずいいと思います。

次に書く文章に詰まったら
この2つを疑問文を思い浮かべてみてください。

これだけで、スムーズに書くことができるようになるはずです。

例えば、自分の主張があったとしても
それに対する「なぜ?」にこたえられてないと、それはただの自己主張に終わります。

この辺を意識することで、高速で書いてもちょっとは説得力のある文章が生まれるはずです。

誰かを思い浮かべて電話するように書く」

文章が早く書けない原因の1つに、

「誰に対して書いているかを本人も分かっていない」

これがあげられると思います。
逆に言えば、

「誰に向けたメッセージなのか」

ここをイメージさえできていれば結構スムーズに書けるわけです。

相手の顔が自分の子供の顔を想像する時のように鮮明に思い浮かんでいれば、

音声入力ならただその人に対して対話・電話するように書くだけです。

その時も、

「私が電話でこのことについて話すと、相手はどのような質問を投げかけてくるのか?」

これを意識して書くようにします。
をすることによって、「ブログの中で会話のキャッチボール」が生まれるわけです。

「そうはいっても見えない相手の顔をイメージするのは難しい…」

こんな場合は、前も書きましたが、とにかくイメージする人物像をパソコンの画面にでも表示しておいてください。
これ、あるのとないのとほんとに違います。
はたから見たらかなり気持ち悪いので注意ですが…

そしてもう一つは、

リアルで知っている相手に説明するように書くという事ですね。
知ってる相手なら頭中でイメージしやすいでしょう。
鮮明にイメージできたらその人が読むべきメリットを提示して書くだけです。

1分間途切れず話す1日何十回も繰り返す。

ここからは音声入力になります。
前の記事でも、1分間途切れずに話す練習を毎日繰り返しているとどんどん話して書けるようになると説明しました。

ブログ書けなくなる原因は

「文章の質にこだわりすぎて量をこなせなくなってしまうこと」

最初は、文章の質なんてどうでもいいです。
とりあえず短く話すだけならだれでもできると思います。
これをとにかく1分間繰り返してみてください。
慣れてくれば、1分2分3分と長くしていきます。

これを1日何十回も繰り返してください。
話すだけなんで、頭を疲れますが体は疲れません。

画面に向かって話すことを日常にすると慣れてきます。
とにかく、ストップしないで即興で自分の頭の中を文章化してみること。

このトレーニングは、1日1時間程度できれば3ヶ月で話す文章の質もかなり上がってくると思います。

私も実は今まさにそういった文章を高速で書くトレーニングをしています。
単純に思いついたことをアホみたいなスピードで話しています。

頭の中だけで文章を組み立てる
なので、論理的な文章にはならないかもしれません。
しかしこれを、数ヶ月続けた時の効果を楽しみにしてやっています。

目標はとにかく大量の記事を毎日更新し続けること

私はタイピングで毎日大量の記事を書くことが想像できませんでした…

キーボード入力で早くでない人は音声入力を極めるしかないです。
音声入力は、速く打てますが思考が追いつきません。

今まさに、私iPhoneだけで入力スピードに思考追い付かせるトレーニングをしています。

1日1時間で10,000文字程度は打てるようになってきました。
これを続けていくと、数カ月後にはどうなるのか?
今から楽しみです。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんやん

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!