【アクセスがない記事】タイトルを変更してSEO的に大丈夫?

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】
いつもサイトの情報をありがたく拝見しております。

読ませていただいた記事の中で、わからないことがひとつありましたので、
こちらから送らせていただきます。

お時間のあるときに、教えていただけたら幸いです。

私は今健康系のサイトを運営しておりまして、りんやんさんの記事を読み、記事タイトルがとても重要だということを、改めて感じました。

そういう視点で見直してみると「もうちょっとなんとかならないか?」と反省するタイトルも多々ありました。

りんやんさんのサイトの記事では、記事タイトルを変更してみてください、と書かれていましたが、これはSEO的には問題ないことなのでしょうか?

記事タイトルなどは一度公開したら、あまり変更しないほうが良いと、どこかで聞いたことがありまして・・・

かと言って、やはりもっと多くの方に見にきて頂くには、変更が必要なのですが。

りんやんさんが今までに経験された中でのお話で構いませんので、ここの部分を教えてください。

【回答】

>記事タイトルなどは一度公開したら、あまり変更しないほうが良いと、どこかで聞いたことがありまして・・・

たしかにこれも一理あります。
Googleさんは結構気まぐれなので…

しっかりと上位に表示できていてアクセスがある記事については
変更しないほうが良いと思います。(私も変更しないです)

ただ、書いているのにアクセスがゼロもしくはものすごく少ない記事は
むしろ、積極的に変更していったほうがいいです。(経験上、サイト全体のアクセスが下がったことは一度もないです)

・一度にまとめて変更しない
・含んでいるキーワードはできる限り変えない(もちろん、やむを得ないときはOK)
・タイトルだけでなく、できれば記事にも「変更」もしくは「追記」を加える

例えば100記事あるブログなら
アクセスが少ない記事を20記事ピックアップして変更し、
1週間位様子を見る
と言った感じですね。

私はタイトルを変更する時は一緒に記事の中も100文字から300文字程度追加で書くことが多いです。
ただ単に小手先タイトルの実験のためではなく
「追加更新ついでにタイトルも変えた」
と認識させたいためです。

(ただ、これについては効果は?です。)

タイトルは

・メリット(あなたがどう変わる?)になるキーワードを必ず入れる
・数字を必ず入れる

あたりを意識して少しずつ変更して様子を見ると良いと思います。

【追記】 一度きめた記事タイトルは変更するべきか?

まず、アクセスがない記事から変更していく

とりあえず今現在アクセスのある記事は変更しないで放っておきましょう。
なぜなら、タイトル変更してしまうといきなり準用下げられる可能性があるから。
これはちょっとリスキーです。

しかし、アクセスのない記事は順位を下げられても影響ありませんのでガンガン変えることができます。

変えてもブログ全体の評価が下がることはまずないです。

なので、アクセスのない記事からタイトルを変更していくのが基本です。

「一度決めたらタイトルを変更してはいけない」
という基準はありませんが、アクセスのある記事はとりあえずやめておきましょう。

逆に、アクセスのある記事は
タイトルを変更せずに
追記して記事の中の文字数を増やします。

「今アクセスがあるものはタイトルは変えずその記事の質をさらに上げる」
みたいな対策が有効です。

タイトルを変更する場合は、キーワードとともにオーバーなまでにメリットを提示する

もっとオーバーなタイトルで良い

とにかく、控えめな表現をしているタイトルが多いように思います。
タイトルは、「それ言い過ぎなんじゃない」ぐらいがちょうどいいです。
とにかく、人の脳みそを刺激する言葉を使ってみてください。

無料で
短時間で
たった1ヶ月で5キロ
たった3ヶ月で10まんえん
出会って3日で告白される
唯一簡単な方法
今すぐできる
寝ながらできる
1日わずか5分でできる

情報を受ける側の人はこのようなキーワードに反応します。

真面目な情報は必要なく
世間からかけ離れた情報でも
とにかくワクワクしたいのです。

私たちは、発信する側なのでこんな見え透いた手には乗らないみたいな感じがあると思います。

しかし情報受ける側にとってはこれぐらいわかりやすくメリット ワード並べてあげたほうが反応しやすいです。

逆に態度が平凡だと記事の内容がいくら良くても読んでもらうことさえできません。

タイトルの文字数はあまり意識しなくておけ

記事タイトルはかなり長くなっても気にしない

よく、記事のタイトルは32文字以内に収めましょう。
こんなノウハウがあると思います。
これは、間違ってはいません。

しかし、これより長いと絶対にダメなのか?

というとそうではありません。

なので、32文字以内に収まったときはいいけれども、それ以上オーバーしても特に気にしない。

これが正解です。

この辺を気にしてしまうと
32文字以内に収めるためだけに悩んでしまうことになります。
これで時間がもったいないです。

私のブログも
記事タイトルは25文字程度のものもあれば48文字以上になっているものもあります。

それよりも、「キーワード」と「メリット」を前面に押し出して、読んで魅力的なタイトルをつけることを優先してみてください。

記事のタイトルはちょっと変更しただけで、アクセスが倍以上になった例なんていくらでもあります。
それほど、記事タイトルは重要です。

「読み手にメリットをちゃんと提示できているか」これをタイトルをつけるときには常に考えるようにしてみてください。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんやん

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!