【iOS】Siriがいつの間にかタイ語の音声入力に対応している

iPhoneの音声入力であるSiriがいつの間にかタイ語にも対応していました。

私は知り合いのタイ人に対して常に、音声入力でのブログ記事の作成を勧めていたのですが、もともとsiriがタイ語に対応していないのでいろいろな他のアプリケーションを探してすすめていたのでした。

しかし、昨日一緒に友人と飲んでいた時、その友人の奥さんから

「2週間ぐらい前にタイ語のキーパッドにも、音声入力のマイクが着いたよ」

と聞かされ、実際に話して入力してくれたのでした。

✳︎実際にはもっと前でiOS8.×からサポート開始されたそうです。8.2か8.3かはわかりません。
2週間前というのは彼女がアップデートした時なのか気がついた時なのか・・・

「サワディーカー」(こんにちは!の意味)

すると本当にタイ語で入力されました。
これには驚きました、自分のiPhoneにもタイ語のキーパッドは入っているので試してみたところ問題なく入力できました、

という事は、iPhoneさえあれば
日本語と同様にタイ語も音声入力が可能になったわけです。

あれ、これって何かタイ人に対してビジネスを行う絶好のチャンスかもしれません。書くのが嫌いなタイ人でも簡単に安く記事を作成してくれそう…
正直、認識精度は分かりませんがそれもOSのバージョンが上がるたびにどんどんと高くなっていくことでしょう。

タイ語でも音声入力ができる

実は日本のキーボード同様

タイもキーボードがあるのですがほとんどの人がタイピングが速くありません

なので、ほとんどの人が長文の入力は苦手としています。

でも、音声入力が出たからには何の心配もいりません。
これを使って話すだけでどんどん長文の入力が可能になります。特に女性はおしゃべりな人が多い

また、口頭での入力によりものすごく簡単に作業ができるので
タイ語の記事を作成するときにタイ人に手伝ってもらうこともできますね。

タイ語の音声入力siri。これからも期待したいと思います。

今回はiPhoneの音声入力であるSiriがタイ語にも対応している。
というお話でした。

この記事の文字数: 900文字程度
音声入力にかかった時間: 10分程度
合計入力文字数:33510文字程度
記事数:26記事

iPhoneの音声入力ではタイ人、タイ語、siriこの3つの単語を全く認識してくれず今回はものすごく時間がかかってしまいました。
本業での記事作成に時間を取られなかなかこっちの記事を書く時間が取れない状況。100万文字はまだまだ遠い。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!