タイランドでワインを飲むことを続けることができたのか?

この記事はかなりどうでもいい内容です。

かなり前に、ビールをやめてその代わりにワインを飲むと言うのを書いた記憶があります。。
その結果どうなったのでしょうか

結論から言うと、ワインは続けることができませんでした。

理由としては、気軽に買えるものではないと言うのが大きな理由です。
気軽に買えないと言うのは、値段の事ではありません。

私は住んでるのはかなり田舎なので、ワインを買おうと思うとかなり遠出をしなければならないのです。

正直、これがネックになってやはり気軽に購入できるビールにどうしても戻ってしまうのですね。
そしてビールを飲み慣れているせいかやはりどうしてもあの味の誘惑に打ち勝つことができませんでした。

わたしの飲み方には合ってなかったです。

そして、費用対効果もかなり悪いです。
もちろん、ボトル1本単価はものすごく安いのですが、あまりの飲みやすさについつい飲み過ぎてしまうことがネックです。

そして、私の奥さんや友人たちも一緒に飲むので1日にボトル4本や5本なんてすぐに開いてしまいます。
確かに安いのですが、すぐに新しいケースを買いにいかなければならなくなり、
その度に20キロもの道を車で運転して買いに行かなければなりませんでした。

「これでは、毎日ビールを飲む方が圧倒的に安く済む」

このように考えてしまい、結局ワインを買った回数は3回程度という結果に終わりました。
そして、今ではビールに戻り毎日ビールを楽しんでいる次第であります。

ということで、結論としては、確かにボトル1本単価はものすごく安くて済むが、その飲みやすさからあまりに飲み過ぎてしまい結局金額としてはビールを飲んでいた方が安い。

という結果になってしまいました。
私の場合は、常に周りに4〜5人の状態が日常です。
そうでない、夜は1人でちびちびとやることが多い方であれば、タイランドでワインは圧倒的に安いということを付け加えておきます。

(なぜ、タイランドと打ち方をしているかと言うと音声入力ではタイという単語を認識してくれないため)

この記事の文字数:880文字程度
音声入力にかかった時間7分程度。
合計入力文字数:85380文字程度
記事数:58記事

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!