【文章の生産性が激的に上がる】iPhone(スマホ)の音声入力だけでこのブログを書いてます。

menu

iPhoneの音声入力だけで記事を書くブログ

音声入力ができない環境ではどうしたらいいのか。

それでも、何でも良いから練習してみようと言うのが私の結論です。
なぜなら、海外旅行で船で行くか飛行機で行くかという選択を迫られているのと同じことだからです。

しかし文字の入力をすべて音声入力でやろうとしたときにぶち当たる壁がここです。

音声入力で文字入力をしようと思うと
・やはり自分自身が静かな所を求めてしまう
・誰かに行かれるのは恥ずかしい
・それを言い訳にしてやらない自分がいる
そんなところが考えられると思います。
これらを解決するには…
なによりもまず自分の場所を持つということが大切だと思います。そして家族の理解。なぜなら、今キーボードの仕事をしている人がいきなり音声入力に切り替えたと仮定します。 そうすると周囲の目は胡散臭さが全開になってしまいます。
俺は当然ですよね、今まで黙って仕事をしてきたのにいきなりどこぞやに向かって話しかけているわけです。

全く意味がわからない人であれば、「頭がおかしくなった」と捉える場合も!
しかしそれでもあまりある恩恵があるのは音声入力の魅力だと思います。
ワープロ検定キーボード入力検定いろいろな名前がありますけれども。
10分1,000文字もちろん固有名詞ありでタイピングができると検定1級に合格できるそうです。
しかし音声入力であればタイピングはたとえ片手で入力しているレベルの人でも、10分で1,000文字というのは入力できてしまいます。

これはすべての人がキーボードを検定の1級を取得できることを意味します。(もちろん日本語が話せることが前提)

私を含め多くの人はそこまでの技量は絶対に持ち合わせていません。その意味でも音声入力による文字入力はすべての人にとってとても魅力的に映るのではないでしょうか。これはなにげなしに読んでおられる方は時々自分が今どれだけのレベルのメールをつことができるのは本人から考えてみたらいいのではないでしょうか。 もちろん若い人にとっては携帯スマートフォンのメールが得意な人もいるかと思います。
でも最終的にあなたの、実力を決めるのは、何文字を何分で打てるのか。?ただそれだけにフォーカスをされることになります。

この文章の文字数: 950文字程度
入力するのにかかった時間: 10分程度

合計入力文字数:6600文字程度

iPhoneから送信



音声入力でストレスなく簡単にブログが更新できる

で結局、音声入力のソフトはどれが一番オススメなのか?
↑音声入力ソフトの比較・無料のものも同時に比べています。

iPhoneの音声入力アプリの比較はこちらから

現在私はほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、日々の作業に音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!

妊娠中・育児中のネット副業戦略

メインブログです。アフィリエイトやアドセンスの情報を音声入力を使うテクニックも含め、全く違う切り口で書いています。

メルマガ登録者限定で
【Yahoo!知恵】【Okwave】から自動でリサーチするマクロをプレゼント
メルマガに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Windows 2大音声認識ソフト

ドラゴンスピーチ11J lite

※ダウンロード版は郵送版に比べて5000円近くお得です!

・膨大な言語登録数
・認識トレーニング不要
・ほとんどのソフトに直接入力が可能

関連記事

AmiVoice SP2

・動作が軽く「Windowsタブレット」や「ミニノート」でもサクサク
・ほぼ、リアルタイム変換
・学習機能

メインブログ

妊娠中・育児中のネット副業戦略

主にアフィリエイトに関する濃い情報をお届け!

RMAレビュー
スマホの音声入力と非常に相性がいいアフィリ手法はこちら
※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで楽勝!