【iPhoneアプリ】Todayee Voice 音声入力だけでEvernoteに「1日1ノート」

今回は、 iPhoneの音声入力アプリで面白いものが見つかったのでご紹介しておきます。

声によるメモや短い文章を細切れに作成するのにこれが結構いい感じなんですね。

Todayee Voice

毎日の記録をevernoteに音声入力だけで残すことを目的としたアプリです。

同じような機能を持つアプリで、postever というアプリがありますが
posteverの音声入力に特化したバージョンと考えると良いと思います。

レコーディングダイエット(食事の記録)や
作業の記録にも使えて便利です。
後から見直すとかなりいい感じです。

1ヶ月で自分がどれだけ作業をこなしたか?
などが一目瞭然。一瞬で把握することができます。

それでは、私がこのアプリで「いいな」と思った特徴をお伝えします。

Evernoteに「1日1ノート」を音声入力のみで実現できるTodayee Voiceアプリの5つの特徴

1,アプリアイコンを起動したら「すぐに」音声入力がスタート

通常はiPhoneで音声入力をするときはアプリを開いてそれから音声入力ボタンをクリックする。
という2つのステップが必要です。

しかし、このアプリは開いた瞬間から音声入力がスタートします。
ほんの些細なことですが、音声入力するのにワンステップのみ
という手軽さが、毎日頻繁に行うメモのハードルを下げてくれます。

何かメモをとりたい!と思ったら
「アプリのアイコンをタップして話し始めるだけ」
という極限まで手間を省いた仕様になっています。

img_3603アプリを起動したら後は話すだけ。

Siriは40秒だがこのアプリは1分間の入力が可能

このアプリはiOSの音声認識のデフォルトAPIを使用しています。
iOS10から他のアプリでもiOSの音声入力が使えるようになりました。

ようするにアプリ自体にSiriが組み込まれています。

iPhoneのソフトウェアキーボードを使った場合音声入力は「制限時間が40秒」でした。

しかし、Todayee Voice はそれよりも20秒間長く
60秒間入力することができます。

実際やってみるとわかりますが、メモする内容が長い場合は制限時間が40秒では結構きついんですね。

それが20秒増えるだけで入力できる文字数は50文字以上違ってきます。もちろん、途中で終了してもokです。

OSに標準で搭載されている音声認識の入力時間より20秒長いというのはかなりうれしい機能です。

1分間をサークルタイマーでカウントしてくれる

iOSに標準搭載されている音声認識ソフトも
Dragon Dictationなどの専用の音声認識アプリも
「いつ終わるのか」を教えてくれません。

一応音は出してくれるのですが
画面に向かって喋っている間に勝手に終了してしまうわけです。

Todayee Voiceは入力できる残り時間がどれぐらいなのか?
をサークルタイマーでだいたい教えてくれます。
(秒数は出ませんが、今何秒ぐらいなのかは大体わかります。 )

これも、音声入力関連でありそうで無かった機能の1つです。

なんていうか、あとどれぐらいなのか?
がわかるだけでかなり安心感があります。

img_3600後どれくらいの時間入力できるのかが分かる

どれだけメモを送信しても1日分のメモをエバーノート1ページにまとめてくれる

冒頭にも書きましたが、 1日に何度メモを送信してもevernoteの1つのノートにまとめておいてくれます。

メールなどを使ってevernoteに送信してしまうと
恐ろしい数のノート数になってしまい後々管理するのが面倒です。

1日1日チェックすればいいんですが、
ついつい3日とか放置してしまうと
目視するだけでも結構時間がかかります。

今日送った音声メモすべてを1日にまとめてくれるというのはかなりありがたいです。

img_36041日分を時間付きで一つのノートにまとめてくれる

【エバーノート送信】も音声で!無料で使える

アプリをタップしたら後は話すだけ。
「送信」までも音声で入力できます。

一応、 evernoteに送る送信ボタンもついてます。
でも、メモしたいことを話した最後に「送信! 」と言ってしまったほうが圧倒的に早いです。

  1. アプリアイコンをタップ(勝手に音声入力開始)
  2. 「朝起きてからブログの記事を一つ書いた。送信」

この2ステップのみでEvernoteへの保存が完了します。

さすが音声入力に特化したアプリだけあって
手を使ってやる作業は、 「最初のアプリを開く」事だけです

まとめ

音声入力で日記をつける習慣を!

1日のメモの回数に制限があるらしいですが
100回を超えるメモを送信する人もそうそういないので
上限については現時点ではほぼ問題ない

はずです。

あの日なにしてた?

1日の記録をその都度音声入力だけでつけられるのは
結構画期的です。

個人的に気に入ってるのは
やはりメモを1日分にまとめてくれること

他の音声入力ソフトだと
とんでもない数のノートが作成されるのでいちいちマージ’(ノートを統合)させるのが大変です。

このアプリなら起動させて、

画面に向かって話して最後に「送信」と言うだけ
で終わりです。

これなら、どんな面倒臭い方でも何回も使ってみようという気になるのではないでしょうか。

「日記をつけようと思っているがいつも3日坊主で終わってしまう」
こんな人に是非おすすめの音声入力アプリです。

あなたのライフログを音声メモだけで毎日evernoteに残しましょう。

この記事の文字数:2300文字程度
合計入力文字数:30万3000文字程度
記事数:146記事

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

公開中の有料note

【第一弾】

分かっちゃいるが…物販アフィリでほとんどの人ができていないライティング思考方法
ブログ記事からなかなか商品が売れないとお悩みの方へ

実は物販アフィリエイトの記事の書き方はブログとは「スタート地点からのアプローチ」が大きく書き方が異なります。
でも、これ、意識できてない人がほとんど・・・
そのためには現在の記事の書き方をおよそ180度変換することが重要です。

ブログを書いてる人のほとんどが意識できていないライティングの考え方を公開しています。

 

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

 

【第二弾】2017年10月24日公開

記事外注化のマニュアルになります。

クラウドワーキングのタスク・プロジェクトで格安で記事を外注するには?

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!