【文章の生産性が激的に上がる】iPhone(スマホ)の音声入力だけでこのブログを書いてます。

menu

iPhoneの音声入力だけで記事を書くブログ

パソコンでの音声入力のメリットとデメリット

Pc

こんにちは、相変わらず音声入力に挑戦し続けている管理人です。
何日か繰り返していると少し滑舌が良くなってきたような気もします。(勘違いと言う可能性もありますが)

今回のお題はパソコンの音声入力のメリットとデメリットです。
今回はただ思いついたことを書くわけではなく、
最初に見出しを設定しながら書くことにしてみました
見出しを設定してから音声入力で中身を埋めていくいわば練習の記事です。

パソコンでの音声入力のメリット

専用ソフトならでは語彙が豊富

何度か使ったことがありますが、とにかく正確に入力できます。
iPhoneのデフォルトの音声入力はまだ数字や専門用語認識してくれません。
しかしパソコンの音声入力例えばドラゴンスピーチ・アミボイスなど

音声入力ソフトとしての実績の長さが違います。
USBマイクの性能が大きく左右されますが
その正確さはやはりさすがと言わざるを得ません。

やはりミスをなくしたいのであればパソコンの音声入力が1番です。

画面が広い

次のメリットは画面が広いということ。
例えばiPhoneならば号店2インチなのですが
パソコンのモニターはモニターの大きさはいくらでも選ぶことができます。
しかも、そのモニターを縦置きにすれば認識率も大幅にアップします。
画面一言にテキストエディタを開けると、
1画面で1万文字以上の認識が可能です

iPhoneならばせいぜい500文字といったところでしょうか。

使うソフトを選ばない

白のiPhoneもそうなのですが、パソコンの音声入力ソフトも文章つときに使うエディターを選びません。
例えばWordPressの編集画面を直接開いて入力することも可能です。
しかしiPhoneのアプリでほWordPressのビジュアルエディタを開いて直接編集することは難しいです。

音声入力と文字の装飾や見出しの装飾などが同時に出来るのも、パソコンの音声入力のメリットになります。ウィンドウズに標準搭載されている音声認識は除きます。(メモ帳でしか入力できません)

パソコンでの音声入力のデメリット

ヘッドセットをつけたりいかにも音声入力するぞと言う大掛かりな準備が必要

パソコンでの音声入力のデメリットはやはり、
パソコンの前に向かわなければできない
これに尽きると思います。

しかも、自分に合った性能の良いUSBヘッドフォンの購入が不可欠。
最近はソフトを買うと同時についてくるものがほとんどですが、
パソコンを開いてマウスをクリックする動作をしてヘッドフォンを頭から装着して

などと音声入力を行う前からかなり大掛かりな準備が必要になります。
そして、静かな環境でないとおこなえないと言うのもデメリットの1つです。

外出先などで手軽に入力することができない

パソコンの前で、かなり大掛かりな準備をしないとできないのがデメリットと書きましたが、これは同時に思いついた時に音声入力ができないと言う

お手軽さに欠ける

と言うのはiPhoneとの決定的な違いです。

・パソコンの音声入力は椅子に座って長い文章を作成するイメージ
・ iPhoneでの音声入力はちょっとしたメモや普段の気づきを短い時間で入力するイメージ

こんな感じでしょうか、
これだけ見てもやはりお手軽さに欠けると思います。

もちろん、制度についてはやはり今はiPhoneよりもパソコンでの音声入力ソフトの方が優れているはずです。
しかし、2013年位のiPhoneに比べて現在のiPhoneの音声入力は本当に目覚ましい進化を遂げています。

iPhoneの音声入力に学習能力があるのかどうかはわかりませんが(パソコンの音声入力ソフトには学習レベルというものが存在する)

・必ず椅子に座って行う必要がある

またパソコンの音声入力は必ずパソコンに向かって行わなければならないために椅子に座る必要があります。
しかし私の経験でもそうですが、長時間椅子に座っているとだんだんと集中力が切れてしまいます。

その点iPhoneでの音声入力は部屋の中をうろうろしながらでも入力することができますし、散歩中でも大丈夫です。
この動きながら文章が作成できると言うのは集中力を切らす防止にもなりますし、良いアイデアが生まれる源にもなります。

まとめ

今回は目次を作った上で音声入力を行ってみました。
ざっくりとまとめて言うと

・パソコンの音声認識ソフトは凄いが、お手軽さに欠ける
・ iPhoneでの音声入力はまだまだ誤変換(特に数字などを入力するとき)もあるけれども必要な時にどこでも入力できてしまう

こんな10五條があると思います。
なのでやはり私はiPhoneでの音声入力に慣れておくことが1番重要だと思います。
このジャンルは大企業であるアップルが最も力を入れている部分の1つです

なので、近い将来パソコンでの音声入力ソフトと同レベルになる事は十分に考えられます。
ということで、もうキーボードで文章全体を入力する時代ではないと思います。
(もちろん最後の修正はキーボード入力を使う必要はあります)

まだまだ未知の可能性を秘めたiPhoneでの音声入力
ぜひ今の内から、この入力方式に慣れておくと後々とんでもない恩恵が得られるかもしれません。

この記事の文字数: 2,200文字程度
音声入力にかかった時間: 25分程度
合計入力文字数:13980文字程度

見出しの設定をしたためにかなり時間がかかってしまいました。

iPhoneから送信



音声入力でストレスなく簡単にブログが更新できる

で結局、音声入力のソフトはどれが一番オススメなのか?
↑音声入力ソフトの比較・無料のものも同時に比べています。

iPhoneの音声入力アプリの比較はこちらから

現在私はほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、日々の作業に音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!

妊娠中・育児中のネット副業戦略

メインブログです。アフィリエイトやアドセンスの情報を音声入力を使うテクニックも含め、全く違う切り口で書いています。

メルマガ登録者限定で
【Yahoo!知恵】【Okwave】から自動でリサーチするマクロをプレゼント
メルマガに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Windows 2大音声認識ソフト

ドラゴンスピーチ11J lite

※ダウンロード版は郵送版に比べて5000円近くお得です!

・膨大な言語登録数
・認識トレーニング不要
・ほとんどのソフトに直接入力が可能

関連記事

AmiVoice SP2

・動作が軽く「Windowsタブレット」や「ミニノート」でもサクサク
・ほぼ、リアルタイム変換
・学習機能

メインブログ

妊娠中・育児中のネット副業戦略

主にアフィリエイトに関する濃い情報をお届け!

RMAレビュー
スマホの音声入力と非常に相性がいいアフィリ手法はこちら
※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで楽勝!