【句読点や改行も音声で】Android スマホで快適な音声入力を実現する「swype keyboard」

音声コマンドが認識できないGoogleの音声入力
単語だけなら正確に入力してくれるんだけど
Google の音声入力でブログのような長い文章書くのは難しい

「Android スマホの音声入力」
というキーワードで検索してみるとこのブログで書いた記事が上位に表示されています。

しかしその内容は、
「Google 音声認識は今のところ長文のブログ記事のような文章入力には向いていない」
という内容になっていました。(後ろ向き)

これでは、何も解決する記事になっていません。

Google 音声入力の最大の欠点とは?

Google の音声入力は
それなりに正確に入力してくれます。

しかし、句読点や改行などを音声認識してくれないのが最大のデメリットです。

これでは、長い文章を書けば書くほど
修正に時間がかかってしまいます。

最低でも、文章を書く.記事を書くのであれば
やはり句読点や改行の入力は絶対に欲しいものです。

音声入力中はスマホではキーボード使えないですからね。

そうでないと後から修正するのはめちゃくちゃだるくなってしまいますから。

というわけで
Google 音声認識以外の使えるアプリを紹介していきたいと思います。
といっても一つだけなんですけどね。

Android スマートフォンで快適な音声入力環境を実現するには?

今のところはswype keyboard一択

音声入力アプリというよりはサードパーティ製のキーボードです。

ぜひ120円でダウンロードできるswype keyboardを使ってみてください。

正確には、サードパーティー製の外部キーボードです。
メインはローマ字入力のスワイプで、音声入力はむしろおまけといった感じです。

ややこしいので、
ここではアプリと呼ばせていただきます。

ちなみにキーボードなので、
LINEやメールなどはもちろん他のテキストエディタなど、どのアプリにも入力することができます。

でこれを導入することで、
Android スマートフォンでも

「句読点や改行などを音声で入力することができます。」(Googleの音声入力では無理)

  • 音声入力ができる
  • QWERTYキーボードで日本語入力
  • スワイプで「パソコンのショートカットキー」のような使い方ができる。(コピペなど)
  • 手書き入力ができる
  • 入力時間に制限なし(ただ、しばらく話さないと切れる)

変換精度も問題なし

パソコンの音声入力ソフト「ドラゴンスピーチ」

iPhone の音声入力アプリ「ドラゴンディクテーション」
を作っているニュアンス社のものなので
変換精度も折り紙つきです。

おそらく、使ってみたらGoogle の音声入力との明らかな違いに、あなたは愕然とするはず。

「Android スマートフォンでも句読点や改行を音声で入力できる」

おそらく、Android スマートフォンのアプリで唯一これができるのがswype keyboardです。

これを導入することによって、iPhone のドラゴンディクテーションと同じ環境をAndroid でも構築することができます。

入力時間は1分間という制限があります。
しかし、句読点や改行などを問題なく入力することができます。
これでAndroid でブログの文章などな長文を入力することが可能になります。

時折できる「半角スペース」は別のテキストエディタで、一括置換することで解決

ただし、このアプリにも欠点があります。

それは、入力にちょっと時間が空くと、
随所に半角スペースが挟まれてしまうことです。

長文を書くのはいいですが、これを後から手作業で取り除くのはかなり骨が折れる作業。

なので、これで下書きをするときは
Google ドキュメントなどの「一括置換」ができるアプリやテキストエディタを使われることをお勧めします。

正規表現などが使えるとなお良いかも。

スワイプはアルファベット入力を非常に快適にしてくれる

ちなみにこのswype keyboardはフリック入力形式のキーボードではありません。
(設定で使えるようにはできますが)

しかし、パソコンのローマ字入力に慣れている人ならかえってそちらの方が良いはずです。

また、日本語入力はまだあまり正確ではないのですが、
アルファベットの入力はこのスワイプ機能を使うとものすごく早く入力することができます。

詳しくは、swype keyboardなどで検索してムービーを見てみてください。

一刻も早く、日本語も正確に入力できるようになって欲しいものですが…。

「価格は120円」缶ジュース1本の値段なので快適に音声入力したい人はぜひ使ってみて

iPhone やiPad で、音声入力ができるサードパーティー製のキーボードはないので非常にうらやましいです。

私もAndroid スマホ欲しくなってきた

swype keyboardを使うことにより、長文の記事もAndroidでサクサク書けるようになるのではないでしょうか?

音声入力をメインに打ち出しているアプリではないので、
レビューを見てみても音声入力の変換精度などについての感想などはありませんでした。

しかし、Android スマホで音声入力をするには非常に便利なソフトなのは間違いないです。

120円の買い切り型ですが、1ヶ月無料で試せるトライアルバージョンもあるのでまずはそちらを試してみてはいかがでしょうか?

キーボードアプリをインストールすることでSwipeについている音声認識機能を使えるようになる。
入力時間に制限はありません。(設定から「音声入力終了を察知」のチェックを外す)
キーボードなのでどのテキストエディタアプリやLINE、twitterなどにも普通に入力可能。
句読点、改行も音声で入力することが可能。
少しタイムラグがあるがリアルタイム変換。
ところどころ半角スペースが挿入されてしまう以外はストレスなく入力が可能。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

公開中の有料note

【第一弾】

分かっちゃいるが…物販アフィリでほとんどの人ができていないライティング思考方法
ブログ記事からなかなか商品が売れないとお悩みの方へ

実は物販アフィリエイトの記事の書き方はブログとは「スタート地点からのアプローチ」が大きく書き方が異なります。
でも、これ、意識できてない人がほとんど・・・
そのためには現在の記事の書き方をおよそ180度変換することが重要です。

ブログを書いてる人のほとんどが意識できていないライティングの考え方を公開しています。

 

>>アフィリ記事は●●から書け!目からウロコのライティング思考

 

【第二弾】2017年10月24日公開

記事外注化のマニュアルになります。

クラウドワーキングのタスク・プロジェクトで格安で記事を外注するには?

>>BLOGアフィリ記事 外注化マニュアル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!