文章を書くスピードが遅いのですがブログを書いて稼げますか?

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】
文章を書くスピードが遅いのですがブログを書いて稼げますか?

【回答】

遅いスピードでもコツコツやると
なんとかなるのがアフィリエイト業界ですが

やはり、基礎体力というかこのスピードを上げてあげるだけで
結果が全然違うと思います。

「世界の果てまで」
のテレビでも、世界レベルの山に挑むときは
何ヶ月もかかって準備をされています。

やはり、文章を早く描けるスキル

というのは、これから必須事項になってくると思います。
なぜなら、これさえできればなんとかなるからです。

力技かもしれませんが
文章を書き続けられるスキルというのは絶対にあった方がいいです。

やはり、毎日1,000文字しか書けない人と
毎日1万文字書ける人が
同時にスタートすると圧倒的な差が出ますからね。

なので1万文字書ける前提でブログをやったりアフィリエイトやったりすると結果が全然違うはずです。

いくらバスケットボールの技術が優れていても
10分走っただけでバテてしまう人は使い物になりませんから
技術の前にやはりスタミナが必要だと思います。

【追記】 文章を書くスピードが遅い

遅いからこそとにかく書くことを習慣にする

文章が遅いと感じてる人は
文章を書くこと自体が苦手なわけではないです。

「とにかく文章書く体力がないだけ」
の場合が多いです。

なので、とにかく最初は苦痛でも量をこなすことによってだんだんスピードが付いてきます。

やらなければ、いつまでたってもそのままの状態です。

どうせできないし…という感じでチャレンジしなければ一向に上達しません。

私はまず、文章の生産性を高めることがネットビジネスでは何よりも重要だと思っています。

なので、書くスピードが遅いのは
がむしゃらになって書いているうちに改善していきます。

物理的タイピングのスピードが遅い場合は音声入力を使ってみてください。
ゆっくり話しているだけでも、キーボード入力よりもはるかに楽に高速で入力することができます。

理想は、1時間に3千文字以上です。
毎日8時間続ける必要はありません。
1日2時間程度で充分です。

1時間3,000文字程度入力することができれば、 とりあえず初心者レベルは脱出です。
自信を持ってください。

「中学1年生」が陸上部に入ったら最初は徹底的に基礎体力をつけることから

小学校から中学校に上がるときの部活動を思い出してみてください。

上級生に混じって中学1年生が練習について行こうと思うと、基礎から始めてやはり3ヶ月以上かかると思います。

逆に、ここまではすごくしんどいおよび基礎練習ばかり。

基礎体力をつけることを
すっ飛ばして、先輩たちといっしょにメニューをこなそうと思ってもやはり無理ですよね。

文字入力いうか、文章を書く体力みたいなものもこれとあまり変わりません。

「ウォーキングやマラソンに似ています」

なので、最初は負荷をかけて自分を追い込んであげる必要があります。

ここで脱落する人がいますが誰に怒られてるわけでもないのでプレッシャーもないでしょう。

単に根気がないだけだとしたらそれはもったいないです。

この最初のステップを乗り越えることさえできれば、記事を書くことなんて簡単です。

でも世の中これができない人が95パーセント位になっちゃってるわけです。

それは、「文章を書く体力」みたいなものは目に見えるものでは無いからです。

でもあきらめないでください

ある壁を乗り越えることができるとすらすら書けるようになります。
そして、ライバルの95パーセント以上はここまで来る前の段階で諦めてしまっているわけです。

「あなたは続けることで周りが勝手に脱落していってくれます」

なので、とにかく体力をつけること
これができるようになれば、ネットで収益化することはそうそう難しいことではありません

文章は「自分の考え」をいかに文章化できるかという作業

言葉をスムーズに頭の中から出すには毎日の音読を習慣にしてみよう

「書きたいことは頭の中にあるのにモヤモヤしてうまいこと書けない人」

はとりあえず書かなくてもいいので音読を習慣にしてみてください。

新聞や雑誌の音読、
ネットサーフィンしててブラウザに表示されている言葉
何でも構いません。

音読(朗読)を1日15分から30分程度習慣にします。

自分の限界以上速く読む必要はありませんが、通常よりちょっと負荷がかかるスピードで読んでみてください。

こうすることによって、自分の語彙を増やすことができます。
音読しない時に比べて、頭の中にポンポン次の言葉が浮かんでくるようになります。

そして、音読に慣れてくると、このスピードで記事が書けるようになります。

音声入力の場合なら尚更ですが、キーボード入力の場合も同じです。
言葉がどんどん浮かんでくる現象が起こり始めます。

これができるようになってくると、
今度は「文章を書くこと自体にストレスがなくなる」はずです。

文章を書く体力がついて
かつストレスがなくなる

のだから後は、好きなことを好きな時間やるだけですよね。
なので文章を書くスピードが遅い人は

とりあえず、ガマンの時期だと思って毎日書いてみること、

そして
ストレスなく文章書くには「日常生活に音読を取り入れること」を目標にして続けてみてください。
1週間程度では効果ありません。

しかし、1ヵ月経つと自分の中で
思い浮かぶ文章が最初とは違うことに気づくはずです。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!