Androidでの音声入力はどうか?iPhoneのようにやりやすいのか?

私は音声入力にiPhone 6プラスを使っていますがAndroidでの音声入力はどうなのでしょうか?

結論を先に言うと、2015年現在のことはわからないと言うことです。

現在はかなり進化しているかもしれませんが昔は本当に使えませんでした。

2013年にAndroidでの音声入力を試したことがありました。
その時は正直言って使い物にならないなと感じました。

音声入力を試みるためにAndroidを購入して、1ヵ月で売却した記憶があります。

なぜなら当時のアプリケーションでは、音声入力マッシュなどがありましたが、
キーワード検索には使えても長文入力には使えない。
こんな印象がありました。

Googleの音声入力も同じです。
なぜなら、改行やまる。等を変換してくれないからです。

これでは音声入力で文章を作った後大幅な修正が必要になります。
また1行も改行されていない長文はたとえ自分で作ったものであっても後々読み返すのに疲れます。

もしこのような状況が改善されていないのであれば、
Androidでの音声入力で唯一お勧めできるのはドラゴンディクテーションと言うアプリケーションです。
これは、iPhoneにもあるアプリですが、
変換能力も非常に高くてまた英語やその他外国声の対応も多数あります。

店唯一不満があるとすれば、
・リアルタイムに音声変換をしてくれない
・デフォルトのモードではキーボードが消えている(フリック入力ができない)
このような感じですかね。
しかし、それ以外では非常に使いやすいアプリケーションだと思います。
パソコンでの音声入力ソフトでドラゴンスピーチと言うのがありますがそれを作っている会社です。

アミボイスと並んで音声入力では最も有名な会社の1つです。
なのでAndroidでの音声入力は、わたし的にはこのドラゴンディクテーションがオススメかと思います。

この記事の文字数:860文字程度
音声入力をするのにかかった時間:12分
合計入力文字数:11780文字程度

今回は昔を思い出しながら書いたためにかなり時間がかかってしまいました。

iPhoneから送信

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんやん

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!