【文章の生産性が激的に上がる】iPhone(スマホ)の音声入力だけでこのブログを書いてます。

menu

iPhoneの音声入力だけで記事を書くブログ

iPhoneで見出しつきの長文をラクに執筆できるエディタアプリ

List

構造化されて視覚的にも見やすい記事をiPhoneだけで書きたい

  • 600文字程度ならいいが2,000文字以上になると必ず見出しが必要になる
  • 特にiPhoneは画面が狭いので、構造化された文章は書きづらい
  • 見出しを作る段階から、最後の執筆までを1つのアプリで完結させたい

構造化された文章(見出しがあるやつ)は
読みやすく検索エンジンの評価も高いです。

しかしiPhoneのように狭い画面では結構書きづらいと思います。

色々な人にお話を聞かせていただきましたが
皆さん、記事の構成などを考える時は
最初にアウトラインエディタを使っておられる方が多いです。

確かに、アウトラインエディタを使う方法もあります。
しかし、アウトラインアプリだけで全て完結するのは難しいです。

「要するに、アウトラインアプリからテキストエディタアプリへ移行するのがめんどくさい。」

ということで、章立てた文章を作るときはアウトラインアプリはできれば使いたくないのが本音。

パソコンなら画面が大きいので簡単そうですが

気軽にどこでも書けるiPhoneもやはり捨てがたいです。
スマホの音声入力を使っているなら尚更。
今回は、構造化された文章をiPhoneで書くとき
便利なアプリを2つ紹介します。

どちらも有料アプリですが、
ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに開発してる会社は同じなので
互換性にも優れてます。

ulysses

Ulysses
3,000円
(2016.05.07時点)
 iTunes で見る
posted with ポチレバ
  • 値段が高いのが難点
  • マークダウンした場所に色がつくので非常にわかりやすい。
  • iCloudで同期ができる(mac ,iPhone,iPad)

Mac 版iPhone版ともに非常に高額

Mac版は5,400円
iPhone iPad版のユニバーサルアプリは3000円。

このアプリはテキストエディタでもかなり高額な部類に入ります。
特にスマートフォンのテキストエディタアプリは高くても600円位です。
その市場に3,000円と言う値段設定は強気の値段設定ですね。

しかし、さすがは高級エディタアプリ。
この強気な値段に比例してとても使いやすいです。

今回ご紹介するマークダウン記法のほかに、
「目標文字数に対して今どれぐらいなのか?」
というのを教えてくれる機能があったり

その他さまざまな機能が搭載されていて、
普通のテキストエディタとはひと味もふた味も違う内容になっています。

マークダウン記法をしたところに勝手に色付けしてくれる

ulyssesの1番の魅力は書いたマークダウンが視覚的に見やすいことだ思います。

img_0772

例えばエバーノートなんかで
太字やマーカーを入れても
それをそのままワードプレスにコピーペーストするわけにはいきません。

(ビジュアルエディタでは反映してくれますがhtmlタグがめちゃめちゃになってしまいます)

リッチテキスト形式のものをビジュアルエディタにペーストされると大変です。

(外注さんに何回かやられた経験あり)

その点このulyssesは完全なテキスト形式。
マークダウンで記述したところに分かりやすく色はつけてくれます。
でも、テキスト形式は保ったままです。
リッチテキスト形式のようにペーストすると意味不明な要素までついてくる事はありません。

要するに
「テキストエディタなのにブログのリッチテキストを見ている感じで書ける」
という事です。

img_0768 img_0771

私は、記事を書くときはほとんどがスマートフォンからです。
なので、この機能だけで3,000円を払った価値はありました。

「なぜEvernoteにこの機能がないねん!」
と言う感じです。

また、マークダウンを知らない人はいちど検索してみてください。
これでブログを書いてしまうと今までの書き方には戻れません。

ちなみにテキストエディタですが写真とかの挿入もできます。
様々な形式で書き出すことができます。
ブログの記事作成だけにとどまりません。
メルマガや無料レポート等の作成にも適しています。

 PDF形式やEPUB形式などいろいろな用途別に書き出すことが可能です。

iCloudと同期ができる

最近では当たり前になってきましたが、
このアプリでももちろんできます。

マックで書きかけの状態にあったテキストも
出先でiPhoneからちょこちょこと修正することもできます。

もちろん、iPhoneとiPad間の同期もリアルタイムにできます。

もう少し安ければ本当にオススメできるアプリ

いくら便利だと言っても、
Macを持っている人は2つ購入すると8400円になります。

「いくらすごいといってもこの値段は」

ただのテキストエディタにこれだけの投資する価値があるかどうかはちょっと難しいところですね。

ちなみに私はウィンドウズなので、
iPhoneとiPadのユニバーサルアプリしか持っていません。
しかし、これでもかなり生産性は上がったと思います。

「ブログはマークダウンでしか書かない」
こんな人には絶対お勧めです。

daedalus touch

次に紹介するのはこのブログでも散々記事にしているこのアプリ。
daedalustouchです。

TOKUCYOUTOSITE

  • ulysses(mac)と同期ができる
  • ulysses(iPhone,iPad)に送れる
  • アナログ重視のインターフェイスがかなりイケてる
  • 軽くてサクサク動いてしかも安い。
  • 長い文章も短い文章も自由自在に作成できる。
  • 調べながら書ける内臓ブラウザ

最初はulyssesのiPhone ・ iPadアプリの位置づけだったのがdaedalustouch

今回ご紹介しているテキストアプリ。
ulyssesとdaedalus touchですが
同じ会社が提供しているアプリになります。

歴史的には

ulysses(mac)

daedalus touch(iPhone ・ iPad)

ulysses(iPad対応)

ulysses(iPhone対応)

みたいな感じになります。
ulysses(mac)のスマホ版な位置づけなのがこのアプリ。
おそらく、ユリシーズはマックだけの予定だったのでしょう。

120円と言う価格のおすすめのポイントです。

だから、ulyssesのmac版との同期ができるように最初から設計されています。

しかし、
「ulyssesのスマートフォンバージョンも作って欲しい!」
みたいな要望が多かったんでしょうね。ulyssesはその後iPadに対応し2016年にはiPhoneにも対応しました。

じゃあdaedalusの役目が終わったかというとそうではありません。

このアプリ単体で執筆してもいいし、
最終的な仕上げにulyssesに送ることも可能です。

img_0767

相変わらず次世代のインターフェイスはかっこいい

別の記事でも書いていますのでそちらも参考にしてみてください。
このアプリの1番のオススメはインターフェイスです。アイコンもかっこいいのですがやはり使い勝手です。

紙の束がクリアファイルに収まったような感覚。
サクサクと動いていくアクションはとても気持ちいいです。
これだけで、文章の「構造化」が比較的に間にできるようになっています。

章立てで文章を書く人には特にオススメできる機能です。
音声入力で1つのシートに対し500文字程度入力してみてください。
2,000文字や3000文字の記事なんてあっという間に入力できます。

小説など長い文章も書けます。ぜひ試してみてください。

動作が軽い

iPhoneのテキストエディタアプリは20000文字とか超えてくると結構もっさりとした動作になりますが、このアプリはそれが全くありません。

まだ、そこまで長い文字を保管したことがないのですが
おそらく
1冊の本に相当する10万文字を超えても大丈夫です。

長い文章でも短い文章でも自由自在に量産

「クリアファイルに入った紙の束」
これをどう捉えるかがこのアプリを使いこなす肝です。

「紙の束」を1つの記事として見立てれば
600文字から100文字程度の記事を量産するスタイルに向いています。

「紙の束」を1つの見出しと捉えれば、
2,000文字から3,000文字程度の記事をじっくり書き上げるスタイルに向いています。

簡易的だが内蔵ブラウザを搭載

書いている最中に「あのアプリなんていう名前だっけ」こんな時に、ちょっとした調べ物ができる内蔵ブラウザがあるのはかなり便利です。

iPhoneやiPadで記事を書くには
「作業工程をいかに1つのアプリで完結させるか」
が肝になります。

1つの記事を書くのに5つ以上アプリを経由して書き上げるスタイルのブロガーさんもおられますが、私には真似できません。

使うアプリはできれば1種類もしくは2種類にしたいものです。

まとめ

今回は、構造化した文章をiPhoneやiPadだけで書くときに便利なアプリを紹介しました。

ブログの記事を書くときiPadはまだわかるのですがiPhoneは本当に画面が小さいので長い文章を見出しをつけて角を取るのは非常に難しいです。

難しいながらも、今回紹介したアプリは長い文章を書くときに非常に検討していると思います。

もちろん音声入力で書くことができます。
もちろんtextexpander対応です。

普通のメモ帳やEvernoteなんかでもいいと思います。
しかし、いちどこのアプリ達も試してあげてください。値段が高いアプリも混じってしまいましたが、きっとあなたのお役に立てると思います。

この記事の文字数:3900文字程度
合計入力文字数:23万1500文字程度
記事数:117記事



音声入力でストレスなく簡単にブログが更新できる

で結局、音声入力のソフトはどれが一番オススメなのか?
↑音声入力ソフトの比較・無料のものも同時に比べています。

iPhoneの音声入力アプリの比較はこちらから

現在私はほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、日々の作業に音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!

妊娠中・育児中のネット副業戦略

メインブログです。アフィリエイトやアドセンスの情報を音声入力を使うテクニックも含め、全く違う切り口で書いています。

メルマガ登録者限定で
【Yahoo!知恵】【Okwave】から自動でリサーチするマクロをプレゼント
メルマガに登録する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Windows 2大音声認識ソフト

ドラゴンスピーチ11J lite

※ダウンロード版は郵送版に比べて5000円近くお得です!

・膨大な言語登録数
・認識トレーニング不要
・ほとんどのソフトに直接入力が可能

関連記事

AmiVoice SP2

・動作が軽く「Windowsタブレット」や「ミニノート」でもサクサク
・ほぼ、リアルタイム変換
・学習機能

メインブログ

妊娠中・育児中のネット副業戦略

主にアフィリエイトに関する濃い情報をお届け!

RMAレビュー
スマホの音声入力と非常に相性がいいアフィリ手法はこちら
※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで楽勝!