ごちゃまぜ雑記ブログを4年間運営-何記事書いてもPVが全く上がらない

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】

ブログを書く際のテンプレートからこちらのサイトにお邪魔しました。

育児を中心とした雑記ブログを作っていますが、運営4年ほどで月27000pv程度、アドセンスとAmazonアソシエイトでの収入が5,000円ほどです。

最近、ブログが雑記すぎるのでカテゴリを独立させて特化型ブログも作ってみました。

りんやんさんの記事を読み、音声認識も利用しようと考えています。

いままでは誰かと繋がればいいかなと思っていましたが
これだけ続けて収入がほとんどないのもどうかと思い
収益化の道を探っています。

【回答】自分がただ書きたいことを毎日書いていてもなかなかアクセスは上がらない

ブログを拝見した感想としては、
記事数も700記事を超えて
とてもボリュームのあるパワーブログだと思います。

4年という運営期間も長いですね。

これで、アドセンスamazonアソシエイト合わせて
1か月の収入がなぜ5,000円程度なのか正直

「うーんなんで?」

という感じです。

ぱっと見て思うに
月に40万pvくらい?

それでも全然おかしくない
という感じです。
(もし、 PVなど教えてたら見た人誰でもこう感じるはずです。)

詳しい改善点等は
たとえ趣味的なブログだとしても、「ブログで稼ぐ」と言う意思を明確に持って取り組むこと。

(今まで、あまり収益化を目的に書かれていないということでした。)

感じたことを少し書いてみると

(育児ブログの方)
・ 1つの記事で話題があっちこっちに飛びすぎている
・問題提起及び問題解決を提示している記事が少なく、雑談(主張)のような記事が多い

(特化型ブログのほう)
・記事タイトルの主語が「モノ」にフォーカスしているものが多い
・タイトルが長すぎる&メリットを提示できていない(ただただ疑問を数点列挙しただけのタイトル)

こんな感じでしょうか?

特化型の方は

おそらくウォーキングがご趣味なんだなあと思います。

この特化型ブログの場合だと、
「たんに ウォーキングが好きな人が集まってくる可能性が高い」
のではないかと推測します。

全部読んでないのでわかりませんが、

例えば、

「●●●(アイテム名)」(レビュー記事)

だと
レビューはこんな記事でいいと思うのですが、

その前に、

「初心者の方に●●●(アイテム名)をオススメする5つの理由」
みたいな商品紹介以外の記事をかましてあげると、
集客力がぐっと高まると思います。

色々と突っ込んだところまで書いてしまいました。

こんな、外野の意見は求められていないと思うので
気分を害されたら申し訳ありません。

これから新しいブログや記事を少し修正しようかな?
と感じられた時にもう一度でも見ていただければなと思います。

最初から収益化を前提としたブログを作る

これが大前提です。
もちろん、趣味のブログ運営を批判するわけではないです。

ただ、

「稼ぎたい」
のであれば

「今、自分が書けること、楽しいこと・趣味」
のジャンルでの執筆はいったん横においておきましょう。

自分の好きなことを書いてブログを作った結果稼げた

ではなく

稼ぐためにブログを作った結果、自分でもそのジャンルに詳しくなった

鶏が先か卵が先かでは無いですが…収益化を1番に考えるとやはりこのような目線が大切になります。
ある程度アクセスを集められる人気ブログになったけど

「さて、このブログでは何を販売しよう?」

これではちょっと遅いんですよね。
なので、初めからブログを書くジャンルは「需要があり、検索人数も多く、しっかりとお金が動いている場所」を狙い撃ちするべきです。

これについてはドラゴン桜の作者である
三田紀房さんが
で全く同じことを言っています。

自分の「何を描きたいか」を考えるより「市場のどこが空いているか」を優先して考えるわけだ。

三田紀房

「プレゼンの極意はマンガに学べ」より

売れっ子の漫画家ですらこのような戦略をとっているわけです。全く無名の私たちが、

「自分の書きたいことを書いて収益を得る」

と言うことがいかにおこがましく無謀であるかがわかると思います。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんやん

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!