【ブログの更新頻度】など一切気にせずまずは量をこなそう

このカテゴリでは「妊娠中・育児中のネット副業戦略 」で皆様から寄せられた質問と回答を分かりやすく加工してまとめています。

【質問】サイトの中で一度にたくさん記事を公開してる日と全くない日があるのはナゼ?

月末の結末の同じ日付に一気に複数記事をアップされてますね。
例えば、たしか2015年12月28日に6つくらい記事が公開されていましたネ。
タイムスタンプを一日ずつずらして公開するのと比べてサイトの構成上、SEO
に違いはあるのでしょうか?

ブログ記事の更新頻度など気にしなくていい

最初に最も重要なのは、記事数 ×文字数

特に、収益があがるまではこの公式を覚えておいてください。

そこに、

「少なくても毎日1回は記事を更新しましょう」

とか、

「1週間分の記事をまとめて更新しないようにしましょう」

みたいな公式は存在しません。

何より根拠がないです。

こういうのは、卵が先か鶏が先かじゃないですが、
後からとってつけた理論であることのほうが多いのです。

「今より10キロ痩せたいのならジーンズを履きましょう!その理由は…」
こんなこと言われてるようなもんですね。

こういうことに時間を取られるべきではありません。
こういう根拠のない理論は、

不安を煽ってその先で利益を上げようとする魂胆が見え

なので、こういうことに不安を持つべきではないということですね。

これが初心者の方ほど、
「この情報だあの情報だ。こっちのサイトにはこう書いてあった。」

みたいな感じで実体のないものにコロコロと振り回される傾向にあります。

しかし、ブログの更新において、そんなこと関係ないです。
だってあなたが欲しいのはアクセスと収益化だから。

毎日更新が必要だとか、1日何日更新したらペナルティを受けるとかそんなことはどうでもいいのです。

実際に、Googleは1日100記事更新したとしてもペナルティを与えないと公言しています。

「後から修正」未完成でもどんどん記事をアップしよう

記事の完成をさせようとすると、どうしても後回しになってしまいます。

そうじゃなくて、とにかく記事を書いたらどんどんどんどん公開していきましょう。

「修正など後からやればいい。書いてるうちにそれなりに形になっていくだろう…」

このような感覚で大丈夫です。

特に、文章を書き始めた人はどうしても
「私の文章はおかしいのではないか」みたいな不安になると思います。

しかし、断言しますが
これは誰でも思ってることです。

そして、書けば書くほど自信もつくというか、そういうクヨクヨしたことに気にならなくなってくるわけですね。

なので、とにかく今すぐ書いて今すぐ更新公開しましょう。

こういうことを、毎日続けていくとネットのどうでもいい情報に流されるのがバカらしくなってくるはずです。

記事の質を気にするのはまず量をこなしてから

今現段階で、自分の記事のクオリティーなど気にする必要ありません。

書くのはどんな記事でもいいです。
まずは、思い浮かんだことを100記事書いてみてください。

100記事書いたら、それなりに書けるようになっているものです。

そこから、自分の記事に対する質を追い求めましょう。
まずは、短期間で圧倒的な量こなすべきです。

「まだ自転車に乗れてもいないのに、速く走れるフォームみたいなものを追求しても仕方ないです」

量を意識しすぎて記事の質がおざなりになる

よりも、

記事の質を意識しすぎて量がおざなりになる

この方がよっぽど時間がもったいないです。

ブログは、後からでも何度でも修正がききます。
「100記事書いたらとりあえず今よりは上手くなっているだろう」
このマインドセットが重要なのです。

「車の教習所だって、実技をしながら教えていきますよね?」

勉強しながら走り出しましょう。
走り終わった後、間違いなくあなたは最初より成長しているはずです。

そして、そのようなどうでも良い枝葉の情報に惑わされる事はなくなるでしょう。

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!