iPad の音声認識メールクラウドの使いやすさと特徴について

今回は、iPadの音声認識メールクラウドというアプリを使って文章を書いています。

iPhone に比べて文字が小さいのはとても素晴らしいと思います。
小さいiPad でも一目でかなりのも事実を認識することができます。

個人的な意見ですが、iPhone の音声認識メールクラウドの方が変換ミスは少ないような気がします。
1000文字程度であれば、画面をスクロールせずに一望することが可能です。

iPhone のSiri やドラゴンディクテーションと違って時間の制限がないのが嬉しいです。
大きな声で話す必要がありますが、「iPhone のSiri 」という単語もしっかりと認識してくれます。
iOS 本人は全然認識してくれないのに不思議なことです。

このブログでは色々な音声入力をテストでしています。
iPhone のSiri をはじめ、ドラゴンディクテーション.音声入力装置、そして今入力している音声認識メールクラウドです。
はっきり言って本当に皆さん、一長一短です。
早く話しても間違いなく入力してくれるのはドラゴンディクテーション.音声入力装置

のんびりと、ゆっくり入力したいのであれば、音声認識メールクラウド。

ブログ入力アプリに直接入力したいのであれば、iPhone やiPad のsiri

などなど、あなたの用途によって、またお持ちの機種によっていろいろと使い分けてみてください。改行この中で有料なのは音声認識メールクラウドだけですが、唯一入力時間に制限がなく、のんびりと入力することができます。なので、こちらも試してみてください。

一応スクリーンショットを貼っておきます。
この見やすさで、入力時間の制限がないというのはかなり良いと思います。
AmiVoice という。パソコンの音声認識ソフト会社発している会社なので、認識精度もかなり良いです。
iPhone のSiri の登場とともにこのアプリは終わった!とも言われていましたが、今使ってみるとiPhone のSiri のできないところをうまくカバーしているかなり良いアプリだと思います。

ということで、スピードを求めないのんびり派のあなたはこの音声認識メールクラウドもおすすめです。
1分間にものすごいスピードで話してしまうと、たぶん入力ミスがかなり起きると思います。
本当に話すスピードでゆっくり話す。
そうすると.変換ミスなくかなりの確率で正確に入力してくれます。
繰り返しますが、音声認識メールクラウドの魅力は入力時間に制限がなく、延々と入力できることです。
スピードを求める方には向いていませんが考えながらゆっくりと入力したい方にはおすすめです。

この記事の文字数:1100文字程度
音声入力にかかった時間15分程度。
合計入力文字数:95900文字程度
記事数:64記事

スマホの音声入力と非常に相性がいいノウハウはこちら

記事を音声入力だけで量産しませんか?

RMAレビュー

※コンテンツを爆速で量産する特典付き!

外注することなく1日10記事位ならスマホだけで簡単に書くことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

りんやん

ほぼすべての文字入力作業を音声で行っています。
音声入力に切り替えたおかげさまで肩こりが激減。
仕事のスピードも倍以上でこなせるようになりました。
そんな音声入力の魅力を知ってもらうためにこのブログを書いてます。
ぜひ、あなたも音声入力を導入して肩こりや体の痛みがない快適なPCライフを!